2008年当時は大企業の部長並みだった年収がわずか6年ほどの間に、全社員の平均水準くらいにまで下がったということになります。平均で捉えると、まだ食べていける水準ではありますが、実際には数千万、あるいは億を稼ぐ人もいる業界です。反対に、年収200万円、300万円といった低所得者も少なくないのです。日本最難関の資格を合格してきたエリートとしては、心もとない実態と言えるでしょう。では、なぜ弁護士は、儲からない職業になったのでしょうか?答えは明らかで、弁護士の数が増えすぎたのです。先述した「弁護士白書2015」では、表の数値も紹介されています。全国の弁護士人数は、2006年に比べて、2014年は実に約1.6倍にまで急増しています。これは、政府が進めた政策によるものです。2002年に閣議決定された「司法制度改革推進計画」では、以下のような表現で、弁護士など法曹人口を増やす政策が決定されました その政策の目玉が、法科大学院の創設による、司法試験合格者の拡大でした。裁判など法的需要の増加を見据えて、それに対応できる法律の専門家を増やそうとしたのです。

続きはこちら
http://president.jp/articles/-/18443?page=2 3.

どれだけ高給取りの仕事だって人数が増えすぎればあぶれる奴が出て当然
コンビニ並みに増えた歯医者が良い例

106.

依頼者からしたら裁判したら時間はかかる、お金もかかる、結果は最後までわからない。
これでは司法に頼るのは本当に心もとない。

7.

逆に公認会計士が足りなくなって大変なことになってるらしい
試験制度いじくってめちゃくちゃになった

102.

結局、どこまで裁判を続けられる経済力があって、司法関係者に
金をばらまけるか。そこに収束してる気がするわ
司法は金持ち優遇な制度

20.

だいたい法律なんて屁理屈並べてるだけで学問じゃないよなw

89.

特殊な職業なんだから、数はいらんよ
ここ数年、虫歯にならない方法を実践したら歯医者も
まったく行かなくなった

32.

過払い金も落ち着いちゃったしね。最近は、ブラック企業からの残業代請求ってのを見たな。

79.

過払い金請求で荒稼ぎしているところもある

54.

弁護士なんかより相場師の方が儲かるよ

40.

弁護士は金にならない細かい仕事や手数だけ掛かって儲けの少ない仕事はやりたがらない。
あと、後々トラブルの元になりそうな仕事もしない。まぁ弁護士に限らんけどな。
探せば仕事はいくらでもあるよ。法律サービスを必要としてる人は多い。
でも、彼らはやらないんだな。回りの弁護士仲間が儲かって儲かってウハウハなのに
自分だけしょーもない仕事して時間遣いたくないわな。で、結局収入減。
本人が納得してるならそれで良いんじゃない。

64.

弁護士はディープラーニングの進化で一番危ない職業だと思う。判例を探すのに人間である必要がない 更にいうと判断も人間である必要がない

49.

大学は旧帝大&早慶のみ

司法試験合格者は毎年300人

それ以外の人間は高卒で職人業やれば国力は回復する

52.

国会前での安保法反対デモで、演説してた弁護士さんいたが、
いかにも本業仕事なし、って雰囲気の方だった・・・。
デモ参加なら行動費1時間800円が〇党より支給されますからwww

42.

パイが増えないのに人を増やしたがるよね。弁護士、介護、IT。国が増員施策出す業界は間違いなく、貧乏になる。

63.

大変だなぁ
歯医者も多すぎて儲からないらしいね

33.

ドラマに出てくるような正義の弁護士みたいな人いないのかね
その辺の居酒屋に飲みに来て、近所の人の法律相談にも
気軽に乗ってくれるような気さくな弁護士って

70.

弁護士にならなくて良かったよ
まぁ農学部だしギリギリ卒業だったし、今は建築業だからいいや

30.

需要が増えてないのに、人間だけ増やしたら、
そりゃ一人当たりの収入は減るわな。

87.

まぁ、ただ同じ能力なら大企業に就職して出世した方が稼ぎはいいし、地位もいい
弁護士はなんだかんだ言っても大手クライアントに頭は上がらない

18.

自分は弁護士って言葉から真っ先に連想するの「悪徳」だもん

金もらえたら明らかに間違ってても依頼主を勝たせるような正義とは正反対の奴ら

51.

人工知能で充分

93.

他の業種と同じように、正常化しただけ。
有能な奴は高給だが、無能な奴は失業。

ただ、こうなったら、法科大学院はぼったくりだな。

6.

イメージの悪化が著しい職業

104.

採算が合わなければ転業すればよい。
それだけのこと
資格を持っていても他の職業についている人はいくらでもいる。

→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)